一般外来治療

林整形外科では最新の医療に加え、リハビリテーション室は病院規模の広さを確保し各種リハビリ機器も整っています。手術室もクリーンルームとしスペースを十分とり、内視鏡手術、人工関節置換術など最新の整形外科手術ができるよう整備しています。

整形外科

近年の高齢化に伴い、年配の方の大腿骨頸部骨折が高頻度に発生し、手術症例も増加する傾向にあります。診断の補助手段としてコンピュータによって画像データをデジタル化するX線直接撮影装置、骨の硬さ・もろさを測定するX線骨密度測定装置、手術室で使用する移動用X線装置など、より質の高い医療を提供できるように努力しています。重症度に応じて他の医療機関と連携し、対応を行っています。
また、各種医療機器によるリハビリ、点滴、注射、神経ブロック等による機能の改善・痛みの緩和をはじめ、内視鏡手術・人工関節置換術などの手術を行っています。

診療内容

  • 四肢の外傷(骨折、脱臼、捻挫など)の治療
  • 腰痛症、椎間板ヘルニアなどの脊椎疾患の治療
  • 加齢に伴う関節痛(変形性関節症など)に対する治療
  • 関節リウマチの薬物療法、生物学的製剤による治療、手術療法
  • 骨粗鬆症の診断と治療
  • スポーツ障害(オスグッド病、野球肘などのスポーツ、成長障害)や外傷(膝半月板損傷、十字靭帯損傷)の治療
  • 足部障害(外反母趾、偏平足など)の装具・手術治療
  • 股関節、膝関節の人工関節置換術など

主な手術例

  • 人工関節置換術
  • 半月板切除術
  • 腱縫合術
  • 骨折観血的手術
  • 滑膜切除術
  • 軟部腫瘍摘出術
  • 靭帯断裂形成手術
  • 抜釘術
  • 異物摘出術など

リウマチ科

リウマチは1つの病気ではなく、関節・骨・筋肉の痛みやこわばりを来たす疾病の総称です。リウマチの初期症状を見逃さず、確実な診断をもとに早期のリウマチ治療を受けていただきたいと考えています。当院では、一人ひとりの体質や病気の状態を見極め、最適な治療を心がけています。

関節リウマチについて

左右対称性にさまざまな関節に痛みが出てくる・・ 皆様はそんなイメージではないでしょうか。 確かに間違いではありません。しかし、そもそも最初から 数か所の関節が必ず痛くなるのでしょうか。 またいたくなければリウマチではないのでしょうか。 正直まったく区別はつかないと思います。まず疑問に思ったら、 受診してお勧めします。今やリウマチ因子といわれる、 昔からの発見だけではなく、様々な方法で早期発見が可能です。 かかりつけでリウマチではないと言われた方でも結構です。 変形してからでは遅いのです。 必ずその痛みの原因について追及いたします。 あきらめは何も生みません。 また関節リウマチであった場合、関節のみならず、 内臓も侵される可能性を秘めています。 特に、肺、腎臓、胃、心臓・脳などの血管系などを侵します。 知らないうちに内臓が侵されていたリウマチ患者さまも珍しくありません。 そのために今は、window of opportunityという考え方が 生まれたのです。間口が広いうちに(さまざまな手がうてるうちに、 またその効果が最大限でるうちに)明るい未来へ (治癒と言う素晴らしい世界へ)という意味です。 リウマチは最初の3か月が重要といわれる時代です。 患者さまによっては1-2回診察を受けて過ぎてしまう期間です。 ここで未来が変わります。だからこそ早期発見、早期治療なのです。

リハビリテーション科

業務内容紹介

当院では国家資格の「理学療法士」「作業療法士」を所有する専門スタッフが治療業務に携わっております。 その治療には「運動療法」「運動性作業療法」が主に適用されますが、これまでの技術では臨床における問題をほとんど解決できませんでした。しかし、2000年に理学療法士の宇都宮初夫によって発表された『関節ファシリテーション(以下SJF)』はこれまで解決できなかった問題を著明に改善することが可能となりました。 当院ではこの技術を治療に使用することにより、これまでにはなかった効果をあげています。

 

関節ファシリテーション(以下SJF)とは

定義:SJFとは関節運動学に基づく関節内運動及び関節の潤滑機構に基づく接近技術を用いて、Mennellの関節機能障害を治療し、自動・他動運動における関節の動きを、量的・質的に改善する運動療法技術である。(宇都宮初夫 理学療法士)

関節機能障害の症候(表1)

適応疾患例(「関節ファシリテーション」より引用)

SJFの唯一の適応症は関節機能障害であるが、治療目的からすると関節機能障害から出現する表1の症候ということになる。各疾患からの症候と関節機能障害からの症候は、密接に関係しあって身体の同一部位に存在することが多いため、SJFで治療して即反応する関節機能障害からの症候を消失あるいは軽減することで、原因を明確にすることが可能である。以下これまでに他院で診断・治療された症候が消失せず、SJFの治療を受けに外来を訪れた患者で治療後即座に症候が消失または著明に軽減した疾患について症候の種類と部位である。

  1. 脳卒中にみられる片麻痺、肩関節亜脱臼、視床痛、失行・失認、嚥下困難
  2. 頸髄損傷に伴う上肢のしびれ、手指の運動痛、手部の腫れ
  3. 上肢・下肢切断にみられる断端痛、幻肢痛
  4. 脊椎椎間板ヘルニアにみられる上下肢の痛み、しびれ、筋力低下
  5. 脊柱管狭窄症にみられる上下肢のしびれ、運動痛
  6. 五十肩にみられる肩痛および拘縮
  7. 変形性膝関節症にみられる膝痛および関節可動域制限
  8. リウマチにみられる上下肢の運動痛、安静時痛
  9. ばね指
  10. 手背部のガングリオン
  11. 腱鞘炎にみられる手指の運動痛
  12. 生理痛
  13. ぎっくり腰
  14. こむら返り
  15. 下腿ギプス固定後の下垂足
  16. 骨折後の関節拘縮
  17. 原因不明のめまい、耳鳴り
  18. 顎関節症
  19. 偏頭痛
  20. 肋間神経痛
  21. むち打ち症に伴う頚部の運動痛、頭痛、めまい、吐き気など
  22. 坐骨神経痛
  23. 変形性股関節症
  24. 自律神経失調症にみられる、こり、しびれ、腫れなど
  25. 偏平足にみられる足部痛
  26. 捻挫、打撲痛
  27. 肩こり
  28. 胸郭出口症候群
  29. 筋筋膜性腰痛症
  30. 野球肘、テニス肘
  31. 肺がんに伴う背部痛

禁忌症

  • ①骨髄腫瘍
  • ②急性関節炎
  • ③骨折部
  • ④骨髄炎
  • ⑤リウマチ憎悪時

不適応

  • ①脱臼関節
  • ②脊椎すべり症
  • ③脊柱変形
  • ④関節変形

リハビリテーションについて

まず、『リハビリテーション』について簡単にご説明いたします。
日本語の「リハビリテーション」と英語の“Rehabilitation”では意味がかなり異なります。「リハビリテーション」は機能訓練としての意味で使用されることが多いのですが、本来の“Rehabilitation”は「社会復帰」を意味します。  
世界保健機構(WHO)(1968)によると リハビリテーションとは「医学的、社会的、教育的、職業的手段」を併用調整し、訓練あるいは再訓練することによって、機能的能力が最高の可能性に達成することを目指している。 第14回世界リハビリテーション会議(1980)によるとリハビリテーションとは、障害を持った個人を援助し、可能な限りその機能を発揮させるように、そして社会の中に適応・統合させるように、医学的、社会的、教育的、職業的な手段を組み合わせて実行する過程である。 また、厚生白書(1981)によるとリハビリテーションとは障害者が一人の人間として、その障害にもかかわらず人間らしく生きることができるようにするための技術及び社会的、政策的対応の総合的体系であり、単に運動障害の機能回復訓練の部分だけをいうのではない。」とされています。
私たち理学療法士・作業療法士はリハビリテーションにおける、医学的分野においてその専門性を生かした業務を担っております。

自律神経免疫療法

自律神経のバランスが交感神経側に傾いている場合、ガンをはじめ生活習慣病にかかりやすくなります。反対に、副交感神経優位の状態が続くと、アトピー性皮膚炎やぜんそくなどのアレルギー性の病気にかかりやすくなります。この自律神経の偏りを是正し、病気の自然治癒力を促進させます。

医院からのお知らせ

tel

診療時間

 
9:00~12:30
14:00~18:00

※土曜日の受付時間は、17:30迄となっております。

休診日 : 日曜・祝日

新患の診療受付時間については

月曜日~土曜日
(午前)
12:20迄
月曜日~土曜日
(午後)
17:30迄

※手術等で変動がございますので予めご了承下さい。

診察の状況により新患受付時間が早まる事があります。
 事前に問合せ下さいますようお願いします。

医院紹介

林整形外科

〒812-0854
福岡県福岡市博多区東月隈4-1-20
つきぐまメディカルモール内(福岡銀行横)

TEL

092-503-2828

FAX
092-503-2841

面会時間

平日 13:00~19:30
日曜、祝日 11:00~19:30

診療科目:整形外科、リウマチ科、
リハビリテーション科  ※入院諾

地図